Showing all posts tagged matome:

im4java使い方まとめ

# im4javaの導入
## ライブラリダウンロード
ScalaなのでSBTを利用します。`"org.im4java" % "im4java" % "1.4.0"`

## 環境変数PATHの設定
1. IM4JAVA_TOOLPATHを設定する<未検証>
1. プログラム内でProcessStarterを利用して指定
1. 方法3 コマンドごとにsetSearchPathを行う<未検証>

### 方法2 プログラム内でProcessStarterを利用して指定

```
val convert = new ConvertCmd
val im4javaPath = "/opt/ImageMagick"
ProcessStarter.setGlobalSearchPath(im4javaPath)
```
これでなんとか。そのうち方法1を検証したいとおもいます


# im4java Tips
BufferdImageのサポート

ruby on rails - RMagick complaining about libMagickCore.5.dylib not found in OSX - Stack Overflow

→PATHの設定不良

## geometoryが効かない?
`background.png (width:300px, height:500px)` と `img.png (width:45px, height:85px)`というふたつの画像を合成するとします。コマンドライン上では以下のように記述できます。

```
convert background.png img.png -geometory +100+50 -composite product.png
```

これを再現するために、`img.png -geometory +100+50 -composite`の部分をim4javaで以下のように記述しましたが、間違いでした。

```
operation.addImage(img.png)
operation.geometry(100,50)
operation.composite()
```

→geometry(int, int)ではなくgeometry(int, int, int, int)を利用すること。geometry(width,height, offsetX, offsetY)なので、これなら正しく合成されます。

```
operation.addImage(img.png)
operation.geometry(45, 85, 100, 50)
operation.composite()
```

ImageMagick使い方まとめ

Java/ScalaでのImageMagick導入方法
(つぎは:JMagickもしくはim4javaを利用する)

ImageMagickの導入

  1. 直接<失敗>
  2. CactusLab の配布するパッケージからインストール<成功>
  3. homebrew<失敗>
  4. homebrew formula修正<未検証>
  5. macport<未検証>

導入方法1 直接<失敗>

ダウンロード

http://www.imagemagick.org/script/binary-releases.php#macosx
より、ImageMagick-x86_64-apple-darwin13.0.0.tar.gzのようなものをダウンロードする。

環境変数PATHの設定

今回は /usr/local/Cellar/imagemagick/6.8.8 にインストールします。

    export MAGICK_HOME=/usr/local/Cellar/imagemagick/6.8.8
    export PATH="$MAGICK_HOME/bin:$PATH"
    export DYLD_LIBRARY_PATH="$MAGICK_HOME/lib/"
    export DISPLAY=:0

以下を試してみます。

    $ convert logo: logo.gif
    $ identify logo.gif
    $ display logo.gif

OSX 10.9 MarvericksにはX11がインストールされていないので display logo.gif が使えないのです。~~これはどうすればいいのでしょうかね。XQuartsを代わりに使う方法を教えて下さい。~~
いちおうconvertはできるようですがね。

導入方法2<成功> CactusLab の配布するパッケージからインストール

こちらを参考に。http://qiita.com/yaoki_dokidoki/items/2ec0540b67dcb4abd5cb
直接導入ではXQuartsがインストールできなかったので、CacutusLabが配布しているパッケージを利用してインストールすることに。 http://cactuslab.com/imagemagick/ より、ImageMagick 6.8.8-6 for Mac OS X 10.5 - 10.9 Requires XQuartz. (7.8 MB) をダウンロードしてインストール。インストールフォルダは/opt/ImageMagickで、インストーラが/etc/paths.d/にPATHを追加してくれます。

    $ display logo.gif

魔法使いの画像がしっかり表示されればOKです。魔法使い画像ってこれのことです。https://www.ibm.com/developerworks/jp/opensource/library/os-imagemagick/figure03.jpg
さて、その後$ convert -list configを試してみましたが使えず、以下のように表示されました。

    convert: unrecognized list type `config' @ error/convert.c/ConvertImageCommand/1972.

これは引数の綴りがConfigではなくConfigureに変更されていたのが原因でした。利用可能な引数の一覧は -list list で見ることができます。http://www.imagemagick.org/script/command-line-options.php#list
$ convert -list configure
成功です。
CactusLab版ImageMagickのアンインストール方法もメモしておきます。

    $ sudo rm -r /opt/ImageMagick
    $ sudo rm /etc/paths.d/ImageMagick

導入方法3<失敗> homebrew

$ sudo brew install ImageMagick
2014年4月11日現在、ImageMagick-6.8.7-7.tar.bz2がインストールされる。XQuarts問題が生じたため途中で終える。→直接DLへ、そして最終的にCactusLabへ。

    export MAGICK_HOME=/usr/local/Cellar/imagemagick/6.8.7-7
    export PATH="$MAGICK_HOME/bin:$PATH"
    export DYLD_LIBRARY_PATH="$MAGICK_HOME/lib/"
    export DISPLAY=:0

導入方法4<未検証> homebrew formula修正

homebrewのformulaを修正するというアプローチをとるブログがあります。これで最新版が使えるようになるなら試してみたい。
http://blog.paulopoiati.com/2013/01/28/installing-rmagick-in-mac-os-x-mountain-lion-with-homebrew/

導入方法5<未検証> macport

$ sudo port install ImageMagick

ImageMagick Tips

エラー:iCCP: known incorrect sRGB profile
→PATHの設定不良
ImageMagick/osxのフォント指定 http://cse.naro.affrc.go.jp/nmizuno/memo/imagemagick_font.html
Webフォントを使う